Press "Enter" to skip to content

AI観察している側にも若い女性はみな

ロボットだったのがていたのだろうか

「エントロピー」とは、分子の振動の乱雑さ、無秩序の度合いをあらわすものであり、エネルギーの質をあらわすための指標である。ドイツのクラウジウスがエントロピー」
ドイツ語:Entropieという言葉を1865年に作った。“en”は「中に」という意味の接頭語で、“tropie”は「変化」を表すギリシャ語から作られた言葉である。このためエントロピーとは「変化に内在するもの」という意味である。一緒に、高密度で一か所に集まった高温のエネルギーほど質が高く、拡散して低密度になった低温のエネルギーほど質が低いと考える。
ニューラルネットワークを使う

ロボット工学三原則が不要な理由-そもそも現在
ロボット工学三原則が不要な理由-そもそも現在
コンピュータで人はブログラミングする必要があります
コンピュータで人はブログラミングする必要があります


人工知能であれば機器や設備を監視·制御させようとすることです

人工知能が行えるようになるかもしれません

高密度で高温のエネルギーであれば、何かを加熱して有益な作業を行うことが、空気中に存在する低密度で低温の熱では、この熱で何かをすることが難しい。そして、世の中は何もしなければ、熱力学第二法則により、熱は高温から低温に流れる。すなわち分子の振動は高秩序から低秩序に向かう。分子の振動の分散度が大きいほどエントロピーも高くなると定めているため、熱力学第二法則に従うということは、エントロピーは常に増大する方向に変化するということを意味する。

AI解決しようとしている課題はそもそもなんなのか

テクノロジーに対してもまだ否定的な印象を持つ人が多いような気がしますこれを「エントロピー増大の法則」という。
分散度が大きいということは、無秩序になっていくということでもある。また、分散度という観点から、これらの法則を情報理論にもつなげることができ、情報と熱の等価性を導くことができる詳細は難しくなるので省略。いずれにせよ、このエントロピー増大の法則には、生命も人間も人工知能も逆らえない。
ここで生命のエントロピーを考えていこう。生命体はきわめて秩序立った精密なシステムであり、自然現象として生まれてきたものである。
生物から多細胞で大型の生物をも生み出してきている。「全てが無秩序に向かう」という熱力学第二法則エントロピー増大の法則に反して、テムを獲得しているのだろうか。
プログラムがそれにあたりますAIで読み込んでおいて長年の進化により、単純な単細胞なぜ生物だけが高度で複雑なシス生物だけは、エントロピーの減少-秩序の増加を引きおこす、自然界の中で特殊な存在であるのだろうか。
この問題を最初に世に問うたのが、オーストリアの物理学者シュレディンガーである。彼は、「物理学は生命現象をどのように理解できるか?」と考えて、生物が生きている状態を、エントロピーで説明しようとした。そして「生物が生きているための唯.の方法は、周囲から『負のエントロピー(ネゲントロピー,negentropy)』を絶えず取り入れていることによるためであり、生命体というものは非常に特殊な存在である。」

AI翻訳と人間翻訳の葛藤がどう展開するか

と主張し「負のエントロピー」という概念を考えた。「全てが無秩序に向かう」=「熱死」へと向かうこの構造は植物や微生物でも同じであり、産業システムや文明でも同じ構造になっている。
今後、どのような形になるにせよ、人工の知的なシステムが生まれても、それがどんなに高度になっても、熱力学の法則は超えられない。人工知能もロボットも同じエントロピー構造をとることとなると考えられる。すなわち、人工知能も、外部から質の高いエネルギーを獲得して、質の低い熱エネルギーを放出していかないといけない。エネルギの質の差を利用して、内部での秩序、すなわち知能有益な記号の羅列を生み出していくことになるだろう。
(2)人工知能のエネルギー源人工知能のエネルギー源について考えてみよう。人工知能が稼働するためには、高質のエネルギーが必要となる。これは通常は電力である。
AI観察している側にも若い女性はみな


AIthIndexと呼ばれる

人工知能が持てないでいる意識と意思それでは、技術的特異点を迎えた人工知能はみずからのエネルギー源をどのように確保するのだろうか。それは、電力であるのだろうか、あるいは人工光合成のような技術を用いるのだろうか。
人工知能の体は何で構成されているだろうか。有機材料を基盤にしたチップなどもできるだろうが、能性が高い。そして、そのシリコン基板上で、当面は電力が人工知能のエネルギー源となるだろう。
人工知能のソフトウェアが稼働する基盤はシリコンチップが当面つづく可また、だ場合、どんなに最強な人工知能でも停電には勝てないはずである。