Press "Enter" to skip to content

AIというのはその大部分

コンピュータには何が出来て何が出来ないのかを明確にしてきています

コンピュータは複雑な数式を理解して解いたりインターネット上のいくつかのコンピュータチップが自己組織的に群れを作って連携し、このような神経網の機能が社会の中に構築されていくと、軟に対応するようなシステムができる可能性もあるのではないだろうか。
外部からの刺激に対して柔これらの自己組織的な群れの集団は、ことができるのではないだろうか。
自意識を持つことや、高度な言語処理をすることは無いが、粘菌が外界の環境に適切に対応するのと同じような、知的な処理を実現するそして、これは人間のような振る舞いをする人工知能とは全く異なる新しい人工的な知能の形ではないだろうか。
Watsonの機能ネコという言葉さえ知ればかも知れない
インターネットは完全にボトムアップの世界人工知能ゃ人類の位置づけを設計していく

人工知能ライブラリTensorFlow

人工知能ですそんな未来のそのような未来の一部の哲学者

人間の脳のようにしゃべったりしないが、しかも個々のコンピュータの判断能力としては「虫の脳」レベルでも、群れを形成することで、構造的なシステムを自己形成し、社会の動きに適応していくことができる「知性」を実現することが可能ではないだろうか。
このような「虫の脳」レベルの人工知能であれば、現状の深層学習技術をはじめとする人工知能技術でも十分に達成できていると考えられるし、ロシナブティック·システム」でも十分に到達できている。
先に紹介したIBMの「ニューこれは、いわば人工「低」能のネットワーク(群れ)による新しい知的自己組織体の形成である。決して高度な言語能力や判断能力をもっているわけではないが、群れの中の相互作用で秩序を形成していくことができる。

テクノロジーが近代を開始

この人工低能ネットワークが進化能力を持つことができれば、社会に適応し、いずれは社会をコントロールすることができるようになるかもしれない(逆に使い方を間違えると、コントロールできない新型ウイルスのように、人類を窮地に追いやるかもしれない)。
そもそも生態系も人間社会も自己組織化現象の階層構造でなりたっている。詳しい機序はまだ未解明であるが、最初の生命体は、化学反応の自己組織化現象で生まれたのは間違いない。
人工知能の冬の時代が訪れてしまいました

ディープラーニングを使った囲碁

ここで生まれた細胞が階層構造を形作ることで、多細胞生物が生まれた。生態系も生物同士の相互作用から自己組織的に階層化されている。さらに人間社会も企業も人間の相互作用から、自己組織的にうまれてきた現象である。近年の都市·社会は非常に高度に階層化されている。
このように考えると、インターネットなどの情報網につながったコンピュータが非常に増えてくると、いずれは自己組織的に組織体を構成し、外部から情報を知的に対処するような存在が生まれることも自然な流れではないだろうか。
人工知能とともに自らの知能を拡張進化させ

人工知能と経済という観点から問題になる

この「人工低能によるネットワーク型の組織体」については、前言でより具体的な形を考えていく。

人工知能は熱力学をこえるか?

(1)人工知能もエントロピーの増大則には逆らえないエントロピーの増大の法則は、熱力学の分野の法則であり、人工知能と熱力学は何も関連がないように一緒的には思える。熱力学は、物理や機械工学の一緒門であり、エンジン工学や燃焼技術などの基盤になっている熱を取り扱う学問体系である。いかに熱効率の高いエンジンをつくるかなどの知識の積み重ねから熱力学という知識体系が生み出されそして、その体系の基盤となっているのが、熱力学の法則である。
人工知能との関わり合いも例えば我々は通常

人工知能の存在意義といえます

①「熱力学第一法則」:熱における「エネルギ-保存の法則」のこと。簡単に言えば「エネルギー全体の量は変わらない」ということ。
②「熱力学第二法則」:熱エネルギーは、常に温度の高いほうから低いほうへ流れる。この逆は新たな熱エネルギーを追加しないと起こらないという法則。
情報理論に依拠している。
実は、情報と熱は等価の関係にあることが「エンこの熱と人工知能はどのような関係にあるのだろうか。人工知能も情報処理システムである以上、トロピー」という用語を用いることで説明ができるのである。