Press "Enter" to skip to content

AIサービスの利用をオススメします

人工知能と宗教はおもしろい研究テーマかもしれない

教える側が実際にそれを習得する際の経験が役にただ、「覚えるだけ」のようなタスクは人工知能にもできるでしょう。漢字や単語などの記憶系の習得を人工知能に任せることで、教員の仕事はかなり楽になるはずです。
生徒の反応を確認しない教員も危ないでしょう。生徒の成績やカリキュラムに合わせて教えるだけであれば人工知能にもできてしまいます。
また既にそれに近い形態を取る私塾が存在しますが、「授業は人工知能」で「質問は教員」のようにタスクを分ける塾や学校が現れる可能性は大いにあります。
導入される可能性は低いでしょうが、教員だから絶対に安泰ということではありません。
人工知能に意味を理解させることも可能になるでしょう

AI時代を生き抜くことができます

人工知能がもたらすリスクについて触れてみたいと思います

AIや研究は下火になったその歴史は古く公立にまで大々的に訓練系-「実践」
「反復」
などで習熟させる業務訓練系は、「動物のトレーナー」や「スポーツや特殊技能のインストラクター」などを含んでいます。人間の訓練はもちろん、動物を訓練するのも人間でなければできないことも多いでしょう。反復·習熟が目的で行われるモノですが、指導的な要素を多く含んでいるため、人間としてのスキルが必要になります。
とは言え、マニュアル化された目標があり、それに向かって訓練させるだけであれば人工知能やロボットにもできます。特に、スポーツジムのトレーナーのような単純なトレーニングを適切に行わせるような仕事は人工知能に任せられるでしょう。ダイエットや筋力トレーニング専用のトレーナーロボットくらいは出てくるかもしれません。

AI技術が搭載されているものもあります

コンピュータが発明される1945年が大きな分節点といえそうです
「人間の命令に従わせる「人間の匂いや動きまた、動物の訓練も人工知能やロボットに任せられる部分も多いです。
ロボットがあればできるでしょう。
ことが目的の動物の訓練を行うのであれば、を模倣した「技能習得ただ、訓練というのは本当にそれが身についているのかの判断が難しく、経験と勘による部分が大きいです。
ル化できたとしても限界があります。コーチングの質を高めさえすれば、まだまだ人間の仕事になるはずです。
IoTとビッグデータ機械学習

人工知能でなく人工脳と呼んでいる

人工知能がそれをきちん
系のインストラクターの領域では、タスクがマニュア養育系-「人間性」
「身体」などの発育を促す業務養育系は、「幼稚園」や「養護学校」の「一部教員」がそれにあたります。知識だけではなく、人間性や心の発育を促すための教育を行うという点で他の分野とは少し異なっています。前述の「保育」に含まれる部分もありますが、教育面を強く含む保育だと考えても良いでしょう。

AIResearchが公開しているオープンソース

人工知能に代替されるでしょう
子供に表面的なモノを教えるだけであれば、人工知能が提供する教育システムで多少は代用できるでしょうが、やはり教員すべてを置き換わるまではいかないでしょう。
精神的に未発達な子供の教育に関しては人間でなければ教えられないことも多く、人間性やモラルの教育を人工知能でいっても説得力もありません。
特にただ、模範的な人間の心や精神を模倣し、常に子供の身近で物事を教えてくれる家庭教師のような人工知能なら話は別です。
うに扱いますし、人工知能が親身になつて子供の話を聞いてくれるのであれば子供が人工知能に心を開くこともあるでしょう。
人工知能に意味を理解させることも可能になるでしょう

IoT技術が普及するという単純なものではありません

子供であれば相手が人工知能であっても友人のよ映画やドラマの世界のようではありますが、人間らしく振る舞える人工知能が出てくれば、教育も人工知能が行えるようになるかもしれません。共働きの家庭が増え保育士不足も叫ばれる中で、子供の面倒を見られて、簡単な教育もできて、常に子供の側にいてくれる人工知能やロボットがいれば、こんなに心強い存在はないでしょう。