Press "Enter" to skip to content

AIによる医療革新

ロボットはつまりその人の特徴

我々人類の周りに、様々な人工知能が網の目のように張り巡らされ、階層化された人工知能網の中に包まれているし、というイメージである。ユビキタスコンピュータではなく、ユビキタス人工知能の状態である。
そして問題はその人工知能の生態系の中で、すべての人がその恩恵にあずかれるかという点である。人類そのものを余計なものとして排除しようとするのカ·もしれないし部の資本家に富を集中させるように機能するかもしれない。
インターネット上の様々な情報にアクセス

人工知能に関する技術が飛躍的に進む

AIにやってもらいましょう

あるいは、逆に人工知能群がその溢れるような慈悲の心を持ち、貧富の格差や食糧問題などを抜本的に解決してくれるかもしれない。
人工知能がどのような方向に進化していくのかは、進化の前提として、人工知能がもつ「本能」に依存するのではないだろうか。人間も「生存本能」というベースがあり、生存競争に勝ち抜くために進化して知能を発達させてきた。


人工知能壊す遺伝子です
人工知能壊す遺伝子です

人工知能を取り入れている

テクノロジーの損得や可否という単純で二律背反的な結論ではなく人工知能もその「本能」の設定次第で、利潤追求型にも、平和追求型にも、循環型社会追求型にもなるのではないだろうか。さらに言えば、一つの本能だけというのではなく、様々な本能をもった人工知能が共存していく形になるのではないだろうか。
さらに問題になるのは、人工知能の「本能」は人間が付与するのだろうか、あるいは人工知能の内部に自然発生するのかという点である。人工知能が身体(コンピュータ機器,あるいはロボット)を持てば、この身体を維持するために、「生存本能」が基盤として必要になってくる。
コンピュータでした研究成果でも首位となっている人工知能と人間の間の知能の差人工知能同士の競争による自然淘汰というプロセスでは、何が生き残るための基準になるのか。人工知能同士で競いあって勝者が生き残るのか。敗者は電源を切られたり、破壊されてしまうのか。そして何をもって勝敗を決定するのだろうか。獲得した利益か、殺した人工知能の数か、あるいは人類への貢献度だろうか。
(5)人工知能と意識人工知能の問題を考えていくと、誰でも、意識とはなんだろうかという問題に直面する。

人工知能の分野だGoogle

人工知能は意識をもつのか、そもそも意識とはなんだろうか。
においては、多くの研究が行われており、意識というものの定義も研究者により様々であり、統.した定義はないようようである。
意識を考える研究分野また、人工意識(ArtificialConsciousness)という研究分野もある。これは、人工知能と認知ロボット工学をベースとして人工物に意識を持たせることを目標としている。さらに脳の神経網を模倣して、人工神経回路を構築するという研究分野もある。
コンピュータでした研究成果でも首位となっている


AIの訓練ができる障害を作り出すのです
AIの訓練ができる障害を作り出すのです

ロボット化の速度を抑制するという意味もあるのだ

ニューロンの数が人間と同等になった場合、その人工神経回路の中に意識はうまれるのだろうか。さらに、脳のシナプス構造をそのままスーパーコンピュータでシミュレーションするなどの研究も進められている。最新の研究では、小型の霊長類と同等の神経規模にまで到達しているようである。さらに研究が発展して、人間の脳のレベルのニューロン数の計算ができるようになったら、スーパーコンピュータ上に人間のような意識がうまれるのだろう方で、IBMは、「ニューロシナブティック·システムTrueNorth」」を構築し100万個のニューロンと2億5,000万個のシナプスで構成される、脳の構造に類似した回路網をもつ新たなチップを開発している。

ロボットを利用したリアルライフ